POSレジはネイルサロンでも大活躍

POSレジはネイルサロンでも大活躍しています。なぜPOSレジがネイルサロンでつかわれるようになっているのかというと、これでお客さんの動向が手に取るようにわかるからです。数字というはっきりとした形でお客さんの動向が見えてくることになるので、ネイルサロンのような接客業にはPOSレジは向いていているということがいえるでしょう。これによって、店舗の課題やサービスの充実度が分かってくるとともに従業員の評価にも使えて、自分たちが行っている改善行動の進捗なども見えてくるようになります。そのため、従業員のモチベーションアップにも使えるということで、実に多くのことに使うことが出来るので、最近では多くの場所でPOSのレジが導入されるようになってきたといえるでしょう。

お店の課題が浮き彫りになるので、改善行動をとりやすい

POSのデータを取るようになると、お店の課題が数字という形でハッキリと出てきます。この数字で明確になるということがとても大切なのです。これによって従業員の意識改革が出来るようになります。例えば、数字がない状況だと、なんとなく若い層からの指示がないということがイメージとしてあっても自信が持てない状況です。ですがPOSのデータで若年層からの指示が圧倒的にないことが分かれば、その原因を調べる必要性が分かるようになります。若者にアンケート調査をしてみたりするような行動をとることが出来るようになるわけです。これがPOSのデータの数字の力ということになります。数字がはっきりと出ることで課題が浮き彫りになり、この課題に対して従業員の意識も統一しやすいということにもつながります。

効果がはっきりと出るのでモチベーションアップにつながる

データという形で成果がはっきりと出てくるのもPOSの特徴です。そのため、自分たちがした成果がはっきりとわかり、これがモチベーションアップにつながります。もちろん成果に足して報酬を考える必要はありますが、これは今のビジネスでは当然のことです。最も良くないのは成果が曖昧なことを理由にして、何もしないことなのですが、POSのデータは数字という絶対的な形で出てくることになるので、油断することが出来ないことにもなります。気を緩めることが出来ないわけですが、これが仕事の成果につながっていくわけで、ネイルサロンのような接客業でなかなか評価をしにくかったところに、こうしたものが導入されるとモチベーションアップしなければ生き残れないことにもなります。そのため、みんなが頑張るようになるのです。